神戸市中央区三ノ宮で入れ歯・義歯なら

〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通4-2-1 三和ビル2F
JR神戸線・阪神電車「元町」駅より徒歩30秒
神戸市歯周疾患検診指定医療機関
神戸市妊婦歯科健康診査指定医療機関
神戸市後期高齢者歯科健康診査指定医療機関
労災指定医療機関

診療時間
10:30~13:00 × ×
14:30~20:00 × × ×

△:14:30〜17:00
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

078-331-0380

当院における新型コロナウイルス感染症対策

基本的に、普段から飛沫感染や血液感染に対する対策を徹底し診療しております。
今回の、新型コロナウイルス感染症に対して以下の対策を追加しております。
・イオニアミストプロにより、院内全ての箇所を抗菌、抗ウイルス対策施しております。
・待合室や診療室での混雑緩和のために予約制限をさせていただいております。
・診療室だけではなく、待合室やお手洗いなど、利用者ごとに毎回消毒しております。
・院内の換気を空気清浄機などの空調機だけではなく、定期的に行っております。
・診療・処置は必要最低限に迅速に行います。また、従業員の安全確保のため基本的にエアロゾル感染の可能性がある処置は私(院長)が行います。
・従業員の安全のため、必要最低限の出勤体制となっております。

入れ歯治療の種類・料金

当院で扱っている「入れ歯治療の種類・料金」についてご紹介いたします。

ノンクラスプデンチャー

金属の留め金「クラスプ」を使用しない、自然な見た目の入れ歯です。以前は耐久性が低いといわれていたこともありますが、材料の改良を重ねて、耐久性が高くなりました。

ノンクラスプデンチャーのメリット

ノンクラスプデンチャーには、

  • 見た目が自然
  • 変色や着色がほとんどない
  • 保険の入れ歯に比べて安定しやすく噛みやすい
  • 留め金を歯に引っ掛けることがないので、残っている歯への負担が少ない

といった多数のメリットがあります。

入れ歯の素材はプラスチック。その厚みは0.5ミリまで薄くできます。このプラスチックには柔軟性があり、お口にフィットし安定しやすいので、痛みも少なくてすみます。

また、残っている歯の根元を覆うようにして入れ歯を固定できるのもメリットです。入れ歯と・粘膜の間に食べ物が入りにくく、入れ歯を支える歯の虫歯リスクも軽減できます。

保険の入れ歯の場合、歯を削って留め金をかけるための溝をつくらなければなりません。しかし、ノンクラスプデンチャーなら歯を削らなくてすみます。

当院のノンクラスプデンチャーはここが違います

見た目の自然さが魅力のノンクラスプデンチャー。しかし私どもは見た目だけでなく、装着感の良さにもこだわっております。

入れ歯のお悩みで多いのは、お口の中の異物感や痛みです。当院のノンクラスプデンチャーは、入れ歯のピンク色の部分の厚みが薄く、使われているプラスチックにもやわらかさがあります。そのため、歯ぐきにぴったりとフィットして、異物感や痛みの少ないことが特徴です。

部分入れ歯   上下各:70,000~200,000円(税別)

※患者さまのお口の状況やご希望に合わせて、プラスチックと金属を併用して作製も可能です。ご相談ください。

治療のリスクや副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯に負担がかかります。耐久性がやや劣るため、数年後に再作成が必要になる可能性があります。

金属床義歯

入れ歯の歯ぐきと接する部分「床(しょう)」に金属を使用している入れ歯です。

強度と耐久性のある金属を使うことにより、入れ歯自体を薄く作れるため、お口の中での違和感が少なくてすみます。

部分入れ歯   上下各:100,000~300,000円(税別)

治療のリスクや副作用:破損した場合、修理に時間がかかる可能性があります。金属の種類によってはアレルギーがでる可能性があります。加齢によるお口の中の変化により、定期的に調整が必要になる可能性があります。

マグネットデンチャー

磁石の力でお口に固定する入れ歯です。金属の留め金がなく、見た目が自然に仕上がります。

また、磁石の力で固定されるため、着脱が簡単です。

部分入れ歯  上下各:100,000円~300,000円(税別)

治療のリスクや副作用:土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は個人差があります)。治療時に出血を伴う可能性があります。強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。

シリコン義歯

生体用シリコンを使用して作る入れ歯です。

シリコンはやわらかく弾力性があり、歯ぐきへの負担を和らげられます。

部分入れ歯  上下各:200,000~300,000円(税別)

治療のリスクや副作用:定期的に調整する必要があります。汚れが付きやすいため、1~2年を目安にシリコーン部分を交換する必要があります。最初は入れ歯の厚みに違和感を感じる可能性があります(強度を確保するために必要な厚みです。次第に慣れますのでご安心ください)。まれにシリコーン部分が剥がれる場合があります。あごの骨が痩せると合わなくなり、調整(修理)が必要になる可能性があります。修理に時間がかかります。

コーヌスクローネ

茶筒と同じ仕組みを使って、お口にしっかりと固定する入れ歯。残っている歯に内冠という被せ物を装着し、入れ歯には外冠という装置を組み込みます。

お口に入れ歯を入れると、内冠と内冠がピッタリと合い、外れにくくなります。 

部分入れ歯  上下各:80,000〜300,000円(税別)

治療のリスクや副作用:土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は個人差があります)。内冠を入れている歯は虫歯のリスクが高まります。一度摩擦力が弱まると、修理が困難になる可能性があります。治療時に出血を伴う可能性があります。

総入れ歯

ご自身の歯すべてが残っていない方には、総入れ歯もお作りしております。

総入れ歯  上下各:150,000~450,000円(税別)

※お口の状態によって使用する材料が異なるため、金額は変動します。

治療のリスクや副作用:使用する金属により、金属アレルギーの方は作成でいない場合があります。使用する材料によっては強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。

インプラントオーバーデンチャー

磁石の力で固定する総入れ歯です。入れ歯に磁石を埋め込み、お口の中のインプラントとくっつけて固定します。

入れ歯の料金に追加して、以下の費用がかかります。

インプラントの埋め込み 270,000円(税別)
インプラントにつける金具 50,000円(税別)/個

治療のリスクや副作用:インプラントを埋めるための外科手術が必要になります。残っている歯やインプラントが入れ歯の下にくるので、歯磨き、定期健診をきちんとしないと虫歯や歯周病のリスクが高まります。

以下のページもご覧ください

当院の入れ歯治療の特徴について、詳しくご説明しています。

当院でご提供している入れ歯の種類などについてご紹介します。

基本的な入れ歯治療の流れについてお伝えします。

患者さまから寄せられることの多い質問にお答えします。

院内の様子や当院に導入している設備についてご紹介します。